闇落ちした奴隷を手懐けました結末ネタバレ!原作最終回はカサディンと結婚する?

闇落ちした奴隷を手懐けました結末ネタバレ!原作最終回はカサディンと結婚する?
  • URLをコピーしました!

この記事では、LINEマンガの人気作「闇落ちした奴隷を手懐けました」の最終回結末ネタバレについてまとめています。

・アルエンの復讐は成功する?
・アルエンとカサディンはどうなる?
・デミアンの最後は?
・原作小説の結末が知りたい!

早く最終回が知りたい人に、上記の内容でネタバレしていきます!

ネタバレが苦手な方は、読まないようご注意ください。

目次

闇落ちした奴隷を手懐けました結末ネタバレ!原作小説の最終回

最終回結末ネタバレ

「闇落ちした奴隷を手懐けました」原作小説は全146話で完結していますが、現在も人気が続いています。

結末が知らない方に、原作小説を参考にネタバレしていきます!

結末ネタバレ①アルエンとカサディンは結婚する

両想いになったアルエンとカサディンは結婚して子供ができます!

ストーリーの序盤の方ですでに両想いになった2人ですが、アルエンの復讐が無事に完遂してからカサディンと結婚します。

最初はカサディンを利用していたことに罪悪感を感じていたアルエンですが、カサディンの一途な愛に次第に心を開き、無事にハッピーエンドで終えることができました。

原作小説137話以降で、アルエンの妊娠や子どものことについて触れています。

筆者

男の子か女の子かは、読む楽しみにしていてくださいね!

結末ネタバレ②カサディンは皇帝になる

カサディンは、皇帝継承権を手に入れて皇帝になります。

奴隷→アルエンの義弟→侯爵位→皇帝という流れで大出世していくカサディン。

筆者

まるでシンデレラストーリーですね!アルエンも皇帝の妻(皇后)の地位になります。

しかし、もともと皇帝には息子のレオン皇太子がいました。

レオン皇太子が皇帝の地位を引き継ぐのかと思いましたが、帝国には貴族たちの賛同があれば皇位継承権を得られるという法律が存在していたのです。

元皇帝もレオン皇太子も、血筋より国を束ねる能力がある者がトップになるべきだと思っていました。

なので、周りの称賛する声もあり、すんなりとカサディンは皇帝になるのです。

結末ネタバレ③前世のカサディンは王子だった

カサディンもアルエンと同様、過去に戻ってきた(回帰していた)のです。

回帰前のカサディンは、ハイラン王国の王子でした。

しかし、ハイラン王国は滅亡に追いやられてしまいます。

カサディンは、レオン皇太子が自国を滅亡に追いやったのだと思っていました。

そのためレオン皇太子の側近になって近づき、反乱を起こして自身の手で〇してしまうのです。

しかし、ハイラン王国を滅亡に追いやったのはダミアンの父親だったことを知ります。

カサディンは、レオン皇太子や反乱で関係のない人々を〇してしまったことを深く後悔。

その瞬間に、神の代理人が現れ、カサディンの記憶を消し、過去からやり直してくれたのです。

結末ネタバレ④デミアンはアルエンを愛していた

アルエンの前世は、デミアンに刺し〇されてしまい人生を終えています。

なぜ、デミアンはアルエンを刺してしまったかというと、

実はデミアンは、前世ではアルエンを愛していたのです。

人を愛する経験がなかったデミアンは、自身に芽生えたアルエンへの想いにどう対応していいか分からず、ひどい扱いをしてしまうというこじらせた対応しかできなかったのです。

そのこじらせた対応というのが、アルエンを嫉妬させるために、愛人リリアンを紹介したことです。

しかし、アルエンは嫉妬するどころかデミアンに呆れてしまい、婚約を解消しようとします。

そして婚約破棄に怒ったデミアンが、アルエンを刺し〇してしまったというわけです。

筆者

「好きな子はイジメたくなる」みたいな?行き過ぎた行動は、本当ダメ大公ですね。。

結末ネタバレ⑤デミアンの最後

デミアンの最後は自決します。

デミアンは初めは心臓病のために利用しようとアルエンに近づきますが、次第にアルエンに執着し、心も奪われてしまいます。

しかし、アルエンはカサディンとくっ付くので、デミアンはお酒と薬に溺れ始めます。

そんな壊れていくデミアンを心配した執事が、アルエンの暗殺を計画しますが失敗に終わります。

そしてデミアンの悪行の数々が公になり、デミアンは爵位をはく奪され、奴隷の身分まで下がりました。

筆者

アルエンの復讐はデミアンを絶望させることだったので、それが叶いましたね。

ようやくアルエンの復讐が終わったかと思いきや、デミアンが脱走。

しかもその先は、アルエンの部屋でした。

デミアンは泣きながら、アルエンに自身の想いを告げます。

そして再び捕まったデミアンは、最期は自〇してしまうのです。

結末ネタバレ⑥デミアンは自決後に回帰する

デミアンは自決後、神殿で目を覚まします。

そこで神の代理人に会い、回帰する前の記憶を取り戻します。

神の代理人は、私欲のためにたくさんの人たちを〇してきた人は「死ぬことも許されない」と話します。

罪を償いながら、一生この神殿で労役するように命令します。

つまり、デミアンは死んでもなお、死にきれない終わりのない世界で絶望とともに生きていくのでした。

結末ネタバレ⑦テュールとシャシャは結婚する

小説外伝では、テュールとシャシャが結婚していたことが描かれています。

しかも、アルエンとカサディンの子どもと同年代の子どもができます。

仲むずまじく遊ぶ子供たち。アルエンの回帰後の世界が平和で良かったです!

結末ネタバレ⑧リリアンはどうなる?

回帰前のリリアンはデミアンの愛人でしたが、回帰後は侯爵位になったカサディンを狙います

筆者

リリアンは、権力と金がある男なら誰でもいいのです。

しかし、カサディンはアルエンを愛しているので相手にされません。

デミアンと手を組んで、アルエンとカサディンの仲を引き裂こうとしますが、その計画も失敗に終わります。

最終的にリリアンは、酒と薬で精神が崩壊したデミアンによって〇されてしまいます。

闇落ちした奴隷を手懐けました感想・考察

「闇落ちした奴隷を手懐けました」を読んだ感想や見どころを紹介します。

感想①スカッとする復讐劇

「闇落ちした奴隷を手懐けました」の見どころは、何と言ってもアルエンの復讐劇です。

恋に溺れた彼女が、第2の人生で賢く強く生きる様は、とても同一人物に思えません(笑)

この賢さがあったら、最初の人生で失敗しなかったのでは?と思いますが、恋は盲目‥なのでしょうか。

デミアンのクズ男っぷりに腹が立ちますが、無事に復讐をやり遂げ、アルエンが幸せになる様子は読んでいてスカッとします。

感想②カサディンのツンデレ

もう一つの見どころは、カサディンのツンデレの様子です。

誰にも心を開かなかったカサディンが、アルエンに心を開き始め、アルエンに対して一喜一憂する様子は母性をくすぐります。

カサディンがアルエンに対して頬を赤らめるシーンなんて、読んでいるこっちも頬が赤くなってきてしまいます。

最後はカサディンの恋も実り、素敵なハッピーエンドでした。

闇落ちした奴隷を手懐けました結末ネタバレ!原作最終回まとめ

原作小説「闇落ちした奴隷を手懐けました」の最終回結末について紹介しました。

デミアンの最後や、カサディンが皇帝になったのは驚きでしたよね。

「闇落ちした奴隷を手懐けました」の漫画版は絵がキレイと話題で、LINEマンガではランキング上位に入っています。

原作の結末を知っていても楽しめる漫画になっていますが、小説と漫画では多少物語に違いが出てくるのでご了承ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次